パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018上半期 隊員総会

首都滞在の延長

投稿日:

関東地方は大雪警報が出て、何かと大変なようです。受験シーズンなので、どうしても受験生のことを考えてしまいます。逆にPNGは毎日が夏なので冬の感覚は忘れてしまっています。日本に帰ってからの今年の冬が怖い( ;∀;)本来は隊員総会と分科会が終わって1/19に任地ポポンデッタに戻る予定でした。しかし、出発当日になってまさかの体調不良!しかもドミトリーに滞在している多くの隊員が体調不良となったので、健康管理員さんの指示により、何名かは滞在の延長を言い渡されました。そして念のため、病院で感染症などの検査。

赤血球、白血球の検査から、好中球・リンパ球・好酸球・好塩基球・単球、など普段はあまりお目にかからないような検査項目まで調べ、ついでに肝機能も調べてもらいました。結果として感染は誰一人として疑われず、肝機能も正常で一安心。

通常、健康診断は派遣中1回なのですが、このような時は病院で診察してもらったり、検査をしてもらったりできます。PNGの病院は設備が乏しく、こちら側の要求する検査ができないので、フィリピン資本の病院がJICA指定の病院となっています。JICAの手厚いバックアップ体制があるので、安心して活動に専念できることもJICAボランティアの魅力でしょう。


 

さて、体調も復活したので、ホテルに併設されているボウリング場に行きました。1ゲーム20キナ(700円)。PNGでは超が付くほどの贅沢な遊びです。そこに家族8人で遊びに来ている人が!お金持ち!!

8人で2ゲームって、パートで働いている人のほぼ1か月分の給料ですからね。驚きです。でも、サンダルで来ていたので裸足で投球していました。なぜかシューズの貸し出しはありませんでした。(販売用のシューズはありましたが)

▲裸足で投球!パプアらしいと言えばそうなのかな?

▲ボウリング場のクオリティはとても高い!さすが首都!

私たちのボウリングの結果はと言えば・・・久々に投げたこともあり、日本でプレーするような結果は残せませんでしたが、ストレス発散にもなって良かったです。明日(明後日)の筋肉痛がやや怖いですが・・・

延長になった任地への帰任。ようやく明日戻ることができそうで、今から楽しみです。

-協力隊活動2018上半期, 隊員総会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャッサバ料理

既に昨年帰国した京都の薬剤師O隊員から連絡がありました。青年海外協力隊が毎月発行する「クロスロード」という機関誌の中にある「隊員めし」というコーナーに寄稿をするらしい。

独立記念日 part3

独立記念日のイベントが終わりました。あいにくの空模様でしたが、帰国前に楽しい思い出がまた一つできました。こちらで、イベントの様子を動画でお伝えします。

スコール

任地ポポンデッタでは、夕方にスコール(激し雷雨)に見舞われます。夜、寝ている時にも時々激しい雨が降りますが、だいたい1時間もすれば収まることが多いです。

新ターミナル完成

前日の欠航はとても残念だったのですが、新ターミナルの完成初日ということで、念のため13時のフライトでしたが9時には空港に到着しました。

何もない日曜

学校が終わると敷地内の賑やかさが消え、休みに入ったことを実感します。今日は買い物に行った以外には、任国外旅行中に留守にする間の自習用教材を作っていました。