パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018上半期

世界の笑顔のために

投稿日:2018-03-21 更新日:

JICAが年2回募集している「世界の笑顔のために」というプログラムがあります。日本で不要になったさまざまなものを譲り受けて、途上国の貧しい人や団体に贈るというものです。私は昨年「野球用品一式」を申し込み、審査に通りました。既に野球用品一式は到着していて、今日は寄贈式を行いました。寄贈式は6年生と一緒に。

大人も子供も「ソフトボール」は聞いたことがあるようです。でも野球は見たこともない、という人がほとんど。細かいルールまで教えられないとは思いますが、訓練所でNPB(日本野球機構)発行の教本をもらって来たので、これを使って少しずつ教えていこうと思います。できれば仲間の隊員とともに。

▲NPB発行の英語版技術教本。内容は小学生向きで、写真入りで詳しく説明されています。(生徒にはこの英語は難しいと思いますが・・・) なんとDVD付き!駒ヶ根訓練所では英語版の他にフランス語、スペイン語があったような気がします。もちろん日本語も。

今回の寄贈は、

・株式会社 フットジョグ様

世界の野球グローブ支援プロジェクト様 (主催:読売新聞社)

からいただきました。現地で大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

-協力隊活動2018上半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

節分

2月3日は節分。もちろん日本独自の文化なので、当然ながらパプアニューギニアでは知られていません。この日、ちょうど同任地の隊員が泊まりに来ていたので「豆まきをしよう!」ということになりました。

首都での休暇終了

12/24から約2週間、首都の隊員連絡所(ドミトリー)での休暇を満喫しました。特に最後の3日間は帰国隊員(27年度3次隊)と一緒に過ごし、2年間の活動の話なども伺うことができ、楽しく充実した時間でした …

スコール

任地ポポンデッタでは、夕方にスコール(激し雷雨)に見舞われます。夜、寝ている時にも時々激しい雨が降りますが、だいたい1時間もすれば収まることが多いです。

全員集合

ポポンデッタ隊3人と、任地変更のため出張中の隊員1名がうちに集合。外で初めてのBBQ。周りの家の人たちにジロジロ見られながら(笑)楽しみました。

目と耳の検査

授業は順調に進み、どのクラスの出席率も9割近くを保っています。まだ年度始めということもあり、どの学年も比較的まじめに先生も生徒も学校に来ているようです。