パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018上半期

何もない日曜

投稿日:

学校が終わると敷地内の賑やかさが消え、休みに入ったことを実感します。今日は買い物に行った以外には、任国外旅行中に留守にする間の自習用教材を作っていました。気温28℃。この気温だと涼しいと感じます。仕事がはかどる!!一仕事してから街へ買い物へ・・・。そこで見たものは

豆腐!!しかも「森永」って書いてあります。ホントか?一瞬疑いますがよく見ると「Made in Japan」の文字が。すごーーーい。日本から遥々ポポンデッタへ豆腐がやって来た(^^♪

お値段はちょっと高い13.6キナ(約450円)。しかし、日本人が少ないこの街で私が買わなくて誰が買う!?ってことで、買ってきました。

▲日本産の証。バーコードの始まりが49

▲オープン!

常温保存可能(1年ぐらい)なので、どんな中身かと不安だったのですが、絹ごし豆腐のような見た目、手触りです。パッケージからは想像できないみずみずしさ!

で、味は? 実食。

冷蔵庫でしばらく冷やしてあったので、冷奴にしました。日本からのきざみネギもふりかけて・・・。

食感は絹ごしよりも少し硬い感じがしますが、大豆の味もしっかりしていて、日本の豆腐にかなり近い!(日本産だから当然だけど)

首都で何度か中国産の豆腐を食べたことはありますが、全然違いますね。

残念なのは高価であることと、入荷量が少なく、いつ売り切れるか分からないこと。その前に買い占めればいいのか?そうしようかな~? 10個置いてあったから日本円で4500円・・・やっぱり高い(^^;)


 

昼下がりに庭でゴミ燃しをしていたら、お隣さんがヤシの木に登って果実(ココナッツ)を採っていました。

人が登っているの、わかりますか?ズームにしてみましょう。

見事な木登り術ですね。パプアの人は、平気でヤシの木に登って実を採ります。時々実は自然落下もしますが、偶然真下を歩いていて頭を直撃したら間違いなく死にます。赴任直後にヤシの木の真下は歩かないように、と注意されました。今でもヤシの木に近付くと上を見上げる癖がついています。

お隣さんから、ラッキーなことにそのうちの1つをもらえました。

外の殻は固いので、大きなブッシュナイフで傷をつけて割り、白い部分(胚乳)は柔らかいので包丁で飲みやすいように切ります。中には1ℓほどのココナッツジュース(これも胚乳の一部です)が入っていて、これがとっても美味しい。水が得られない地域では、このココナッツジュースが重宝されているのも頷けます。

内側の白い部分も食べられます。そのまま食すとナタデココのような食感で、これまたデザートのようで美味しいです。全部は食べられないので、2~3切れ食べてあとは近所の子どもへ。

さすがに毎日食べるようなものではないのですが、1カ月に1回は欲しくなります。


 

【教育省出張時の写真】

先月の出張で訪問した時の写真が、JICA事務所から送られてきました。

▲Grade8の国家試験(数学)に関するプレゼンテーション

▲試験局の方も熱心に聞いてくれました。質疑応答で予定時間を1時間以上もオーバーするなど、大変興味を示してくれました。

-協力隊活動2018上半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

節分

2月3日は節分。もちろん日本独自の文化なので、当然ながらパプアニューギニアでは知られていません。この日、ちょうど同任地の隊員が泊まりに来ていたので「豆まきをしよう!」ということになりました。

首都での休暇終了

12/24から約2週間、首都の隊員連絡所(ドミトリー)での休暇を満喫しました。特に最後の3日間は帰国隊員(27年度3次隊)と一緒に過ごし、2年間の活動の話なども伺うことができ、楽しく充実した時間でした …

首都滞在の延長

関東地方は大雪警報が出て、何かと大変なようです。受験シーズンなので、どうしても受験生のことを考えてしまいます。逆にPNGは毎日が夏なので冬の感覚は忘れてしまっています。日本に帰ってからの今年の冬が怖い …

野球で遊びました!

Term1の最終日、日本から贈られた道具を使って野球をして遊びました。キウンガから任地変更になる隊員が出張でポポンデッタに来ていてうちに宿泊しているので、お手伝いしてもらいました。

1学期の中間地点

1学期(Term1)も5週目に入り、早くも半分を終えようとしています。7週目には教育省への出張も入っているため、1学期の授業も数えるほどしかありません。