パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

農村体験ツアー

投稿日:

ご無沙汰しております(^^♪ 日本からのお客さんが来ていて、ここ最近は忙しい毎日でした。そんな中、日曜日に農村体験ツアーに行ってきました。

農村の名前は「ブブレタ村」。アロタウの街から20km、車で30分程です。このツアーは、観光隊員Fさんが立ち上げたツアーです。赴任1か月でツアーを立ち上げたことはスゴイと思いました。

ツアーに参加したのは私とA隊員、日本からのお客さん、そしてガイド役のF隊員の4名。貸し切りのバスで向かいます。(運転手はもちろんパプア人)

途中、バスで川を渡るとこんな光景が・・・

いや、これは間違って川に突っ込んだ訳ではなく、洗車中の光景です。水は貴重ですからね。このようにして洗車してしまうのです。

さて、海沿いのブブレタ村に到着。

景色がいいですね(^^)/ 昨夜が大雨だったので、海はあまり綺麗ではありませんでした。

向こうに島が見えます。この村の所有物なのだとか。昼食ができるまで島に渡ってみることにします。

どれで渡るのか??

これでした!(笑)

200mぐらいの距離ですが、さすがに素人では難しいので、村の長老?がスイスイと運んでくれます。

▲おじいちゃん、上手です!まっすぐ進む!

▲島から見た村

島に渡ったものの、何もやることもなく、再び迎えに来てもらうことに(笑)

まあ、景色は良かったです。。。もっと天気が良ければね。

そうこうしているうちに、お昼ご飯ができたようです。(本日のメイン)

▲なかなか美味しそうじゃないの!定番のココナッツジュースも。

ちなみに、食事中はずっと子どもたちが手に持ったタオルでハエが寄り付かないように振っています。これはパプアのどこでも同じ。お客さんが優先で、自分たちはハエ対策係。外から来た人たちが食べ終わるまで絶対に口にしないというのはマナーだそうです。結局、村の人たちは私たちが帰るまで食べることはありませんでした。

お皿も葉でできたもので、液体を入れてもこぼれません。すごいなぁ。

▲トッポギみたいなもちもちした食感。とろみがあって熱い!ココナッツ風味でちょっぴり塩味。美味(^^♪

ブブレタ村のみなさん、ありがとうございました。

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KWATO foundation day②

今日はミルン湾を挟んだ対岸にある「グワビリ小学校」で、記念式典&合唱コンクールが開催されます。朝7時出発で17時帰着、お馴染みA隊員を誘って日帰りで行ってきました。

総会からの帰路

隊員総会が終わり、今日は任地に戻ります。もう少しホテルステイをしたいところですけどね。

初のアロタウ週末

溜まった洗濯を片付け、初のアロタウでの週末は昨日も夕食を一緒に食べたA君と街に出掛けることにしました。

アサインメント

Assignment(アサインメント)とは、課題・宿題のことです。小学校では1つの学期に2回程度のアサインメント(20~25点満点)があるのが普通です。

お土産でも買うか!

帰りの国際線のチケットの確認のため、カンタス航空のページに行ったら、フライトまであと78日と出てきた。残りも10週ちょっとか~。あっという間だな・・・。