パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

帰国時報告会

投稿日:

帰国まで首都で同期4人と任期延長した隊員1人の計5人で1週間過ごしますが、予定が入っているのは今日(火曜日)と明日(水曜日)のみです。

今日は事務所で「帰国時報告会」と「帰国オリエンテーション」です。帰国時報告会は日本語で、パプアニューギニア事務所の日本人スタッフ向けに行います。

1人20分×5人なので2時間弱。全員無事に終了しました。私も何とか終了。

昼食を事務所スタッフの方々と食べた後、午後は帰国オリエンテーション。貸与物品の返却とか、未提出だった航空券の提出とか・・・。他には帰国後のスケジュールなどの細かい話を1時間ほど。

今日で事務所に行くのは最後になりますので、パスポートなどを受け取って事務所を後にします。

▲お世話になった現地ナショナルスタッフと

次に向かったのは、植物由来のお土産品の防除(ペストコントロール)をしてくれる会社へ。防除とは、生物による害を防ぐためのもので、薬剤による消毒を行います。そこにお土産品を預けて、消毒後に証明書をもらいます。(証明書発行には3日必要)

お土産が入国時に没収されたら悲しいですからね。100キナ(3000円)程度なので安いものです。

ペストコントロールの会社で、同期隊員がココポから持ってきたお土産品で遊ぶ(笑)。

明日は、午前中に国家計画モニタリング省訪問、お昼は大使公邸で昼食会です。

▲ドミトリーからの夕焼け。あと何日も見られません。

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KBでの初授業

今週からKB(Koeabule)小学校での授業が始まります。生徒のレベルも分からないのでドキドキでした。果たしてどうなるか?

絶景

ポポンデッタに比べて電気の減りが遅いな~と思っていたら、何とウチにはソーラーパネルが設置されていて、電気を供給してくれていました。(この地区はソーラー発電が多い)

ザ・寄せ集め!

今日はこれと言って変わったことはなく(敢えて言えば夕方以降水が出ない)、冷たい雨なので熱帯気分なんて微塵もない、普通の日でした。(現在の気温21℃)

アロタウに別れ

いよいよ任地とのお別れの日。朝、SVさんとF隊員が車で迎えに来てくれました。まずは学校に向かいます。

ラスト3週間!

PNGでの生活も残すところ3週間、任地アロタウでの生活も2週間となりました。JICAへの最終報告書も提出したし、学校もあと2日で終わりだし、帰国準備金も振り込まれたし(笑)。