パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

ポポの意外な力

投稿日:

ポポとは何だ?と思った方!パパイヤのことです。PNGでは余るほど採れる果物の一つです。今日はそのポポについてのお話。

ここではパパイヤのことは「ポポ(pawpaw)」と言います。パパイヤとは言いません。よく近所の人もくれるのですが、はっきり言って飽きてきます。でも今日は新しい発見がありました!

昼休みにGrade7の先生に誘われて外でランチ。(そもそもランチの習慣があまりないので、とても簡素なもの)

・キュウリ

・パパイヤ

・リンゴ

・お菓子(食べず)

・ジュース(飲まず)

さすがにお昼にお菓子は食べる気にならず、カットされたキュウリをひたすらかじってました。(注:日本のキュウリと違って瓜みたいに大きい)

すると、ポポを食べるときに先生が「種も食べるのよ、マラリアの時は種を食べれば一発で治るわ!」なんて言うものだから、マラリアにはなってないけど半信半疑で食べてみました。

▲この種を食べてみます。

・・・ちなみに、PNGの人たちはしょっちゅう「マラリアになった」と言います。ちょっとでも熱が出ると「マラリア」と言って学校を何日も休みます。病院でも結構簡単に「あんたマラリアね」と言って処方箋が出されることもあるようです。もう「風邪ひいた=マラリア」みたいな感じになっています。

で、種を食べてみたところ少々苦みがあり薬のような感じ。でも後からワサビの味がツーンとしてきます。それもそのはず。ワサビの成分と同じなんだそうです。確かに体に良さそうな味。おつまみにしたいような味でもあります。マラリアに効くかどうかは分かりませんが、ネットで調べてみると・・・

「鉄分、ビタミン、食物繊維、カルシウム」が豊富で、酵素もたくさん含まれていることから消化を促進し、腸の健康を促進してくれるそうです。虫下し効果もあるため寄生虫もやっつけてくれるみたいですね。

つまり「天然薬」という側面もあるみたいなのです。薬が簡単に手に入らない人たちは、これを食べて薬代わりにしていたのですね。マラリアにピンポイントで効くかどうかは定かではありませんが、体調不良の時に食べると改善するのは間違いないようです。いいこと知った(^^♪

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

独立記念日 part2

part2の投稿が1日空いてしまいましたが、なぜかと言うと一日中悪天候だったからです。しかもかなりの大雨、ということで外出を諦めました。

最近の小ネタ集

3学期は9月12日(水)に終わります。残すところあと1週間となり、各教科のテストがあるため、私の授業回数もガクンと減りました。(テスト監督は増えたけど・・・)

ザ・寄せ集め!

今日はこれと言って変わったことはなく(敢えて言えば夕方以降水が出ない)、冷たい雨なので熱帯気分なんて微塵もない、普通の日でした。(現在の気温21℃)

アロタウのお土産

さて、いよいよアロタウでの生活も最終日となりました。PNGでの生活も10日を切りました。ということで、アロタウでのお土産物を手に入れるためにある場所へ。

ラスト3週間!

PNGでの生活も残すところ3週間、任地アロタウでの生活も2週間となりました。JICAへの最終報告書も提出したし、学校もあと2日で終わりだし、帰国準備金も振り込まれたし(笑)。