パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

さようならPNG

投稿日:

いよいよPNGを出国する日が来ました。2年間いろいろありましたが、とりあえず大きな病気やケガもなく帰国できることが何よりです。

そして、同期(2016年度2次隊)の4人が揃って帰国できることも大きな喜び。みんな頑張った!!

▲PNG出国前の空港にて

ポートモレスビーからブリスベン、ブリスベンから成田はQF(カンタス航空)での移動となります。(ブリスベンで1泊します。)

▲一度日本から遠ざかってから戻るルート

ニューギニア航空ともしばしのお別れ。尾翼の極楽鳥デザインも好きでした。

▲尾翼の極楽鳥が目印、エアニューギニ

▲今日お世話になったカンタス航空(オーストラリア)

「PNGさようなら~」(ポートモレスビー国際空港、離陸動画)

機内の雰囲気もニューギニア航空と違ってオーストラリア人が多いし、客室乗務員もオーストラリア人。当たり前と言えば当たり前ですが、久しぶりの「質の高い」サービスに少々戸惑う(笑)

機内食は簡単なものでしたが美味しかった!(^^)/

▲乗客もパプア人は少ない。アウェー感

▲ポートモレスビーからブリスベンは3時間弱

オーストラリア大陸に突如として現れるブリスベンの街。さすが、広大な大地だけあります。

ブリスベンの街は高層ビルが立ち並び、みんなで上を向いてキョロキョロ・・・田舎もん丸出しの集団でした(笑)。まるでタイムスリップしたみたいだ。

▲久し振りに見た鉄道!

▲建物がオシャレ

▲ライトアップされた時計台

夜は街を普通に歩けるほど治安は良い。夜の街を歩くのなんていつ以来だろう?

ちょうど中国の国慶節(大型連休)のため、街には中国人も多くいました。

私たちは明日の朝、日本に向けて出発します。いよいよ帰国です!

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アロタウに別れ

いよいよ任地とのお別れの日。朝、SVさんとF隊員が車で迎えに来てくれました。まずは学校に向かいます。

週末はリゾート気分

アロタウは海が近いということもあって、ホテルやロッジなどの施設が海岸沿いに作られています。そこではちょっとしたリゾート気分を味わうこともできます。

絶景

ポポンデッタに比べて電気の減りが遅いな~と思っていたら、何とウチにはソーラーパネルが設置されていて、電気を供給してくれていました。(この地区はソーラー発電が多い)

PNGで迎える誕生日

9月29日は誕生日。帰国前のPNGで迎えることになりました。ご褒美に自分で何か買おうかな、、、とも考えたけど魅力的なものもあまりなく。。。

PNG最終日

いよいよ明日PNGを離れます。帰国準備も大詰め。同期全員、パッキングに追われています!1週間の首都滞在もあっという間です。