パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

ポポンデッタ最終日

投稿日:

7月30日がポポンデッタで過ごす最後の日となりました。色々思い出深い地ですが、アロタウ赴任に向けてバタバタしていました。

クラスの最終授業では、日本から持ってきた5円玉を1枚ずつ日本の100均で買ったポチ袋に入れて生徒に配布。「5円には『ご縁がある』という意味も含まれる」ということを分かりやすく伝えました。

▲用意した5円玉は200枚!入国する際の荷物検査が面倒だったなぁ。

放課後も、私にプレゼントを私に来てくれる生徒が続々やってきてくれました。中には保護者同伴で来てくれた子も。

一番多かったプレゼントはオロ州特産のタパクロス(特大)。5枚もいただきました。帽子!も4つ!小物入れも5つ以上。あとはネックレスとか鞄(ビルム)とか・・・。

中でも一番驚いた(ちょっと困った)のがこれ↓

土器×3。気持ちはありがたいけど、重い( ;∀;) ただでさえ荷物が多いのに。調理用だそうです。(花瓶を除く)

首都までは運べるとして、日本には持ち込めるか疑問。税関で「陶芸家」とでも言おうか・・・、それとも首都のドミトリーに飾り物として寄付するか。

「世界でいちばん番石器時代に近い国 パプアニューギニア」という本が出版されていますが、まさに2000年近く前の生活がまだ残っている国、パプアニューギニア!

▲7年生の先生(両サイド)と生徒たち

次の投稿は「アロタウ初日」についてお伝えします。

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

帰国時報告会

帰国まで首都で同期4人と任期延長した隊員1人の計5人で1週間過ごしますが、予定が入っているのは今日(火曜日)と明日(水曜日)のみです。

2018年度前期総会②

隊員総会は全日程が終了しました。開始時刻が昨日より1時間遅い10時だったので、ゆっくり休むことができました。

独立記念日 part1

国中がお祭り騒ぎになる日、それが独立記念日(インディペンデンスデー)です。昨年は一時帰国の直前にポポンデッタで見ましたが、今年はアロタウで見ることになりました。

朝の冷え込み

アロタウに任地変更してきて半月。タイトルの通り、朝は冷え込みます。特に晴れた日は放射冷却もあってか、一層冷え込む感じがします。

KWATO foundation day②

今日はミルン湾を挟んだ対岸にある「グワビリ小学校」で、記念式典&合唱コンクールが開催されます。朝7時出発で17時帰着、お馴染みA隊員を誘って日帰りで行ってきました。