パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018上半期

独立記念日 part3

投稿日:

独立記念日のイベントが終わりました。あいにくの空模様でしたが、帰国前に楽しい思い出がまた一つできました。こちらで、イベントの様子を動画でお伝えします。

【動画編】

動画だけのため、wifi環境での視聴をお勧めします。特に海外でデータプランをご利用の方はご注意ください。

まず初めに、独立記念日式典での退場の様子です。(2つ目の動画はコエアブル小学校の生徒と一緒に会場を出ていくところです。)

次は、イベントの様子を何本かご紹介。

最初はニューアイルランド州の踊りから。

次はカラオケの様子です。

マヌス州はリズミカルな感じでなかなか良かったです。

ブーゲンビル州は竹を並べただけの楽器ですが、サンダルの底で叩くととても良い音がして、このイベントで一番のお気に入りでとなりました!

最後にパレードの様子で、今年の独立記念日の記事を締めたいと思います。


 

【おまけ】

異国の地で頑張っているトヨタのカリーナ

-協力隊活動2018上半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ライフラインの脆弱性

昨年のこの時期も同じような感じだったのですが、今年も状況は改善されずに不便な生活が続いています。何が不便かというと「電気」「水道」「携帯電波」です。

首都退避

任国外旅行から任地へ戻った4/29、どうも学校の様子がおかしい。翌4/30に学校へ行ってみると、昼間から何やら大勢が集まって会議が行われていました。

何もない日曜

学校が終わると敷地内の賑やかさが消え、休みに入ったことを実感します。今日は買い物に行った以外には、任国外旅行中に留守にする間の自習用教材を作っていました。

キャッサバ料理

既に昨年帰国した京都の薬剤師O隊員から連絡がありました。青年海外協力隊が毎月発行する「クロスロード」という機関誌の中にある「隊員めし」というコーナーに寄稿をするらしい。

世界の笑顔のために

JICAが年2回募集している「世界の笑顔のために」というプログラムがあります。日本で不要になったさまざまなものを譲り受けて、途上国の貧しい人や団体に贈るというものです。