パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

アロタウに別れ

投稿日:

いよいよ任地とのお別れの日。朝、SVさんとF隊員が車で迎えに来てくれました。まずは学校に向かいます。

Term4(4学期)初日にもかかわらず、みんな元気に登校していました。(それが当たり前なんですけど、珍しい。)

学校から空港までは車を出してくれることになっているので、しばらく待機。その間にも生徒が話しかけてくれます。嬉しい (^^♪

学校に車が迎えに来たので、別れを惜しみながら学校を後にします。生徒たちが手を振って見送ってくれました。

空港まで校長先生とF隊員が一緒に来てくれたので記念撮影。

▲校長先生

▲F隊員

ポートモレスビーからの折り返し便も順調に到着し、アロタウともお別れです。エアニューギニに搭乗するのもこれで最後。(帰国時はカンタス航空のため)

▲最後のエアニューギニ

今日はプロペラ機じゃなかった(笑)

▲バイバイ、アロタウ

明日の帰国時報告会の資料が出来上がっていないので飛行機の中でも作業(^^;) でも飛行機の中はとても空いていたので快適でした。

▲首都にやってきました!

今日から約1週間、首都に滞在です。

<おまけ>預け入れ荷物が一番最初に出てきた。何故だろう?と思ってたら荷物に”PRIORITY”(優先)のタグが付いてた。ビジネスクラスでもないのに何故だろう?(しかも今日はビジネスクラスの客はいなかったのに・・・)

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

帰国前の予定完了!

今日は午前中に国家モニタリング省へ表敬訪問に行きました。ここは私たちボランティアのPNG側の受け入れ窓口と言ってもいいところです。

渡航許可が下りる!

任地(アロタウ)滞在も残りちょうど1か月となりました。しかし帰国の実感はまだ湧いてきません。仕方ない。まだアロタウに来て3週間ですからね。

長丁場の会議

久し振りに停電と携帯の電波が止まるという経験をしました。どちらもポポンデッタに比べたら微々たるものなので、全く問題ありません。

帰国&帰国後研修

10/3夕刻、予定通り日本に帰ってきました。日本に着くと醤油の香りがすると誰かから聞きましたがそのようなことはなく(笑)、若干の蒸し暑さが出迎えてくれました。

印象的なお手紙

昨日の投稿では父の日について紹介しました。私は、プレゼントを生徒たちからいただきましたが、6年生の女の子のお手紙を読んで特に印象に残るものがありましたのでご紹介します。