パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

この街いちばんのカフェ

投稿日:

今日(7/23) は、戦没者追悼記念日で学校も役所もお休みです。スーパーも午前中で閉まるため、同期の薬剤師隊員と一緒に、気になっていたカフェに行こうということに。

歩いている途中、州の役所には半旗が。

お目当てのカフェは大通りに面しているのですが、あまりお客さんが入っている様子ではありませんでした。しかし雰囲気が良い感じだったので前から入ってみたいとは思ってました。

▲こんな感じ

中を覗いてみると、感じのいい女性店員さんが「オロカイワ!(いらっしゃい!)」と笑顔で案内してくれます。午後2時だったのですがランチを食べることができるということで早速テーブルへ。

▲本当は奥のロッジ風の建物で食べたかった。

気になっていたロッジ風の建物は、明日の会議のために準備中で入ることはできませんでした。仕方ないので手前のスペースで食事をすることにします。

メニューは15キナのワンプレートランチ。外食にしては安いので「本当に大丈夫か?」と不安もありました。ランチは鳥・魚・豚から選ぶことができます。私は鳥。(魚は臭みがあることがあるので怖い。)

サイドメニューもケーキ、コーヒー(10種類ぐらいある)、ジュースなどバラエティに富んでいて、お値段もお手頃。私はカプチーノを注文しました。

あとはどんな料理が出てくるか?

15分程するとお手伝いの女の子が料理を運んできてくれました。

▲ナイフとフォークもきちんと並べてくれました。

▲ランチプレート(鶏肉)

内容は鶏肉、バナナ、タロイモ、サツマイモ、コーン、野菜。豪華!

運ばれてきた瞬間「お!ちゃんとしてる!」と、薬剤師隊員とニッコリ。味も問題ナシ。美味しい。

▲カプチーノ、10キナ(泡もクリーミー)

パプア人はコーヒーに砂糖をガンガン入れてコーヒーの味を消してしまいますが、ここはもちろん砂糖は入れずに飲みます。うん、カプチーノも首都で飲むより美味しい。この味がポポンデッタで出せるとは・・・。もっと早く開拓しておけばよかった!(ホテルのレストランより安いし、雰囲気も良い。)

オープンテラスということもあって風が涼しくて気持ちいい。結局、食べてから1時間以上も2人で時間を潰していました。

▲最後にお会計。2人で46キナ(1500円)

再び、今週の土曜日のディナータイムに来ることにしました。次はロッジ風の建物で!

間違いなく、ポポンデッタでいちばんのカフェだと思います。(今さら)

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

めんどうみがいい!

今日の朝、起きてみると雨。ポポンデッタでは朝に雨が降ることは滅多になかったのですが、アロタウは1日1回、どこかのタイミングでザーッと降るらしいです。

Father’s Day ~父の日~

タイトルを見て「えっ?」と思った方も多いかもしれませんが、パプアニューギニアでは9月第2日曜日が父の日となっています。(母の日は日本と同じ5月)

KBでの初授業

今週からKB(Koeabule)小学校での授業が始まります。生徒のレベルも分からないのでドキドキでした。果たしてどうなるか?

2018年度前期総会①

私たちの隊次(2016年度2次隊)にとっては最後の隊員総会が、7/9~10の日程で首都ポートモレスビーで開かれています。今回の会場は前回と異なる「グランドパプアホテル」です。

帰国前の予定完了!

今日は午前中に国家モニタリング省へ表敬訪問に行きました。ここは私たちボランティアのPNG側の受け入れ窓口と言ってもいいところです。