パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2018下半期

この街いちばんのカフェ

投稿日:

今日(7/23) は、戦没者追悼記念日で学校も役所もお休みです。スーパーも午前中で閉まるため、同期の薬剤師隊員と一緒に、気になっていたカフェに行こうということに。

歩いている途中、州の役所には半旗が。

お目当てのカフェは大通りに面しているのですが、あまりお客さんが入っている様子ではありませんでした。しかし雰囲気が良い感じだったので前から入ってみたいとは思ってました。

▲こんな感じ

中を覗いてみると、感じのいい女性店員さんが「オロカイワ!(いらっしゃい!)」と笑顔で案内してくれます。午後2時だったのですがランチを食べることができるということで早速テーブルへ。

▲本当は奥のロッジ風の建物で食べたかった。

気になっていたロッジ風の建物は、明日の会議のために準備中で入ることはできませんでした。仕方ないので手前のスペースで食事をすることにします。

メニューは15キナのワンプレートランチ。外食にしては安いので「本当に大丈夫か?」と不安もありました。ランチは鳥・魚・豚から選ぶことができます。私は鳥。(魚は臭みがあることがあるので怖い。)

サイドメニューもケーキ、コーヒー(10種類ぐらいある)、ジュースなどバラエティに富んでいて、お値段もお手頃。私はカプチーノを注文しました。

あとはどんな料理が出てくるか?

15分程するとお手伝いの女の子が料理を運んできてくれました。

▲ナイフとフォークもきちんと並べてくれました。

▲ランチプレート(鶏肉)

内容は鶏肉、バナナ、タロイモ、サツマイモ、コーン、野菜。豪華!

運ばれてきた瞬間「お!ちゃんとしてる!」と、薬剤師隊員とニッコリ。味も問題ナシ。美味しい。

▲カプチーノ、10キナ(泡もクリーミー)

パプア人はコーヒーに砂糖をガンガン入れてコーヒーの味を消してしまいますが、ここはもちろん砂糖は入れずに飲みます。うん、カプチーノも首都で飲むより美味しい。この味がポポンデッタで出せるとは・・・。もっと早く開拓しておけばよかった!(ホテルのレストランより安いし、雰囲気も良い。)

オープンテラスということもあって風が涼しくて気持ちいい。結局、食べてから1時間以上も2人で時間を潰していました。

▲最後にお会計。2人で46キナ(1500円)

再び、今週の土曜日のディナータイムに来ることにしました。次はロッジ風の建物で!

間違いなく、ポポンデッタでいちばんのカフェだと思います。(今さら)

-協力隊活動2018下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アロタウに別れ

いよいよ任地とのお別れの日。朝、SVさんとF隊員が車で迎えに来てくれました。まずは学校に向かいます。

総会からの帰路

隊員総会が終わり、今日は任地に戻ります。もう少しホテルステイをしたいところですけどね。

食べ物の話のみ!

今回はタイトルの通り、食べ物の話題のみです。お腹が空いている時に読むと危ないですよ!(見ても食欲は湧かないでしょうけど・・・)

2018年度前期総会①

私たちの隊次(2016年度2次隊)にとっては最後の隊員総会が、7/9~10の日程で首都ポートモレスビーで開かれています。今回の会場は前回と異なる「グランドパプアホテル」です。

絶景

ポポンデッタに比べて電気の減りが遅いな~と思っていたら、何とウチにはソーラーパネルが設置されていて、電気を供給してくれていました。(この地区はソーラー発電が多い)