パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2017下半期

KOKODAへの小旅行①

投稿日:

ORO BAYへのお出掛けからちょうど1週間。前回は海だったので今回は山!

最も行きたかった場所「ココダ」へ行ってきました!

簡単に言うとココダとは?

太平洋戦争中のニューギニア戦線において、日本軍が「ポートモレスビー作戦」という作戦においてポートモレスビー支配を巡って行われた戦闘があります。その前半の舞台となったのがこの「ココダ」となります。(後半は「ブナとゴナの戦い」)

ココダより先は、オーエンスタンレー山脈という富士山より高い4000m級の山が連なる山脈となっていて、車で行くことはできません。この山脈越えのトレッキングコースは「ココダ・トレイル」と呼ばれています。首都ポートモレスビーまでは1週間ほどかかりますが、JICAではココダ・トレイルの利用は禁止されています。

ポートモレスビーとポポンデッタの間は飛行機で35分。このように大きな山がそびえ立っているので、飛行機が最も現実的な交通手段となります。イメージとしては山梨県の甲府から、岐阜県の高山に向けて赤石山脈、木曽山脈をプロペラ機で飛び越える感じです。距離もちょうどそのぐらいです。

 

▲ココダの位置。緑色の濃い部分がオーエンスタンレー山脈です。

ココダへの小旅行

さてさて、このココダへは同任地のセカンダリースクールの隊員と一緒に行きました。トラックもセカンダリースクールのものなので無料!ありがたいです。

片道約80km。しかし舗装されていないデコボコ道なので、3時間かかりました。途中エンストや故障を繰り返しながら。

▲途中小さな村がいくつかありますが、基本的にはこのような道を延々と進みます。

僕ら2人は前の席で(やや)快適なドライブだったのですが、荷台に座っていた何人かのセカンダリーの先生は、さぞかしお尻が痛かったことと思います((+_+))

でも、沿線にあるいくつもの川は「これぞ清流」と呼ぶに相応しい美しいものでした。

▲街とココダの中間点にある最大河川、クムシ川。急流ゆえ、何人もの日本兵がこの川で命を落としています。

▲クムシ川橋上で記念撮影

▲クムシ川には立派な橋が架かっています。その前後も舗装されています。

クムシ川以外は、そこまで大きな川はありません。

▲最も綺麗だった川。透明度がスゴイ!

ココダへ行くの途中の村はもちろん電気は通っていません。歴史の教科書のような住居が並びます。ちなみにココダは自家発電設備があるので電気があります。

朝8時30分に出発し、ココダに到着したのは12時近く。標高は少し高いのですが、それほど涼しさは感じず、30℃以上はありました。クリスマス前というのを忘れてしまいますね。

▲ココダの街の入り口にある看板。「KOKODA WALKING TRACK」というのがココダトレイルのことです。

ココダは店こそ少ないのですが、簡易宿泊所や病院もあり携帯電波もOK。日常生活は不便ないような感じがしました。

次回「KOKODAへの小旅行②」へ続く・・・

-協力隊活動2017下半期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年最後の投稿

昨年はポポンデッタで年越し、今年は首都ポートモレスビーで年越しです。首都の隊員連絡所(ドミトリー)ではNHKを見ることができるので、紅白歌合戦を楽しみながらの年越しとなりそうです。

急遽前倒し!

11月も下旬になり年度末が近付いてきました。日本だったら「師走」は文字通り先生が忙しくなる時期ですが、PNGでは逆に気が抜けてくるようです。

Term3の試験も終わり・・・

Term3も終盤に近付き、今日は学期末の試験を行いました。半年前に教えた分数の計算を久しぶりに出題したところ、きれいさっぱり忘れていました。

MARTYRS’DAY-2017

今日は、うちから車で40分の所にあるMartyrs’ Secondary School(マータースセカンダリースクール)のお祭り(69周年創立記念祭)でした。

試験後の光景

今日はNational Examinationの2日目。数学でした。試験時間は3時間です。8時半から始めて11時半に終了しました。