パプアニューギニア活動記

JICA青年海外協力隊 2016年度2次隊 小学校教育隊としてPNG(パプアニューギニア)へ

協力隊活動2017下半期

KOKODAへの小旅行②

投稿日:

KOKODAへの小旅行①より

ココダにはココダ・トレイルの出発地点。ポートモレスビーまで徒歩で1週間という過酷なもの。JICA関係者はこのルートを歩くことは禁止されています。

▲ココダ・トレイルのスタート地点

▲詳しくはこれをお読みいただければ・・・

ココダは小高い丘になっていて、山や街を一望できるところに慰霊碑が建立されています。本当に気持ちのいい丘です。

▲慰霊碑が並んでいます。

▲丘からココダハイスクールを望む。

▲慰霊碑の反対側。所々煙が上がっている所には村があります。

日本人の遺骨収集団はココダによく来ていますが、現地の人曰く、ここまで来る日本人は数少ないそう。日本人として隊員2人で手を合わせてきました。

近くにはあまり大きくはない博物館がありましたが、閉館していました。中を覗いてみると展示物は少ないようでした。

博物館の隣には戦闘機のものと思われる翼が。

ココダに行くにはポポンデッタの街から片道3時間を要します。見学する場所は少ないとはいえ、日帰りではバタバタします。そんな時は「ココダゲストハウス」を利用すると良いと思います。建物自体はただの箱のようなもので、トイレ・シャワー(水)は外ですが、50キナで宿泊可能です。

▲ココダゲストハウス

一通り見学を終えた後、給水のために近くのスーパーに立ち寄り。お腹が空いていましたが路上で焼いて売っているソーセージは怪しかったので、2人も食べずに飲料だけで我慢。

そのスーパーの近くに川があって、子どもたちが遊んでいました。親は近くにいる気配はなし。けっこうな流れの川なので、日本ではまずあり得ない光景でしょうね。

まだ真昼間の午後1時ですが、出発しないと夕方までに帰れないので、後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。

先週のオロベイ(海)、今週のココダ(山)。休みを満喫しました。とてもクリスマス前とは思えないような暑さですが。(連日35℃)

下の写真、庭に立っている棒なのですが、よーく見てください。太陽の陽射しがいかに強いかよく分かると思います。影の長さが短い!太陽はほぼ真上からカンカン照りです!

-協力隊活動2017下半期

執筆者:


  1. Magome より:

    はじめまして。マゴメと申します。PNGが身近に感じられるブログ、いつも楽しみに読ませてもらっています。子供達はためらいなく飛び込むのですね(笑)。今後も応援しています。

    • yasu より:

      マゴメ様。いつもお読みいただきありがとうございます!PNGの子供を見ていると、人間本来の強さを感じることができます。もちろん男女関係なく遊んでいます。
      PNGは日本から6時間半。近いようでなかなか日本からは観光客も来ない国です。(地球の歩き方も無いですし)
      今後ともよろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中間テスト

8/25(金) この日は小数の計算(足し算、引き算)を中心とした中間テストを実施しました。

静かな日々

オロ州の投票は無事に終了し、あとは開票を待つのみとなりました。日本のように即日開票ではなく、7/28までに完了すればOKということです。

クリスマス休暇

今年のクリスマスと年末年始は、首都に上がってドミトリーでゆっくり過ごすことにしました。24日に上京。決断したのは3日前。急遽、JICAに移動申請書を提出して許可を得て、航空券を購入。

任地帰着!

約10日振りにポポンデッタへ帰って来ることができました。2日間欠航だったので、その間ホテル暮らしだったのですが、やはり自分の家が落ち着きます。水シャワーも何のその!

National Exam 終了

無事に8年生の国家試験は終わりました。セカンダリースクールに進学できるかどうかは12月に発表となります。例年ですと、生徒数の約半数が合格してセカンダリースクールに進学します。